ロケットストーブ作り始める前に読んでおきたい8つの本

【No.3】最高!薪&ロケットストーブ(農山漁村文化協会)

現代農業特選シリーズ 最高!薪&ロケットストーブ

出典)現代農業増刊 最高!薪&ロケットストーブ DVDでもっとわかる 2013年 12月号|Amazon

次に紹介しておきたい本は、農山漁村文化協会が出版している「最高!薪&ロケットストーブ」です。

この本は先ほど紹介した本とは異なり、ロケットストーブに関する基礎知識の部分はあまり書かれていませんが、実際の写真つきでベンチ式のロケットストーブの具体的な作り方が紹介されています。

面白いのは、この本に付属で付いているDVDの方で、ロケットストーブを作った後に必ず必要となる薪の割り方や乾燥した薪の作り方などを解説した動画があります。

実は、室内暖房用としてロケットストーブをうまく運用できるかどうかの鍵を握っているのは、いかに安くて乾燥した薪を手に入れられるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。

そういう意味から、この本についているDVDで、どうやって薪を手に入れるのか、どのように薪を割り、どうやってその薪を乾燥させるのかなどを、事前にシミュレーションしておくと良いでしょう。

【No.4】薪ストーブの本(図書印刷株式会社)

出典)薪ストーブの本 vol.5 私たちの薪ストーブ・スタイル報告書 (CHIKYU-MARU MOOK 別冊夢の丸太小屋に暮らす)|Amazon

次に紹介しておきたいのが、図書印刷株式会社が発行している「薪ストーブの本」です。

この雑誌は、直接的にロケットストーブに関する情報は載っていないのですが、鋳物の薪ストーブに関するさまざまな情報が載っていますので、例えば、薪割りの具体的な方法や、斧の選び方など、この様な点においてはロケットストーブユーザーにも有益な情報が載っています。

また、ロケットストーブでは2次燃焼までしか引き起こすことができませんが、高価な鋳物の薪ストーブでは3次燃焼も行うことができ、その仕組みなどが詳しく解説されていたりもします。

特に「薪ストーブの本のvol.8」で解説されている「煙道火災はどうして起こる?」というコーナーでは、日本暖炉ストーブ協会副理事長さんが、煙道火災について詳しく解説されたりしています。

自分が作るのはロケットストーブだからといって鋳物の薪ストーブは関係ないやと思わずに、自分でリスク管理までできる幅広い知識を身に付けていきましょう。

続いては、事前に読んでおきたいロケットストーブの関連本No.5~6についてお話していきます。

スポンサーリンク

3ページ目(全5ページ中)
スポンサーリンク