薪ストーブの煙突火災を防ぐための5つのポイント

煙突火災のメカニズム

湿った薪などを150℃程度を超えない温度で燃焼(低温燃焼)させてしまうと、本来薪ストーブの中で燃えるべき燃焼ガスが燃えずに煙突内部に流れ込んでしまいます。

更に煙突の表面が冷たいシングル煙突や性能の悪い断熱2重煙突などを使っていると、その燃焼ガスが煙突内部の壁に冷やされ、ガスから液体の状態に変化し、そこにタールとして蓄積されます。

煙突内部に未燃焼ガスが濃縮したものが溜まった状態で薪ストーブで薪を勢いよく燃やしてしまうと、何らかの拍子で炎が燃焼室から煙突の方に移動してしまい、燃焼室ではなく煙突内部で燃焼が始まり、その結果、煙突が1200℃を超える高温になってしまいます。

このように薪ストーブの燃焼室ではなく、煙突内部で燃焼が起きている状態のことを煙突火災といいます。

ほとんどの場合は、煙突火災が起こったとしても、煙突内部の可燃性物質が燃え尽きれば、火種がなくなり、自然に煙突火災は解消されます。

ですが、最悪の場合、煙突火災によって、煙突が高温に耐えられず破損したり、煙突が破損していなくても煙突の近くにあるものが放射熱によって過熱され発火する事によって、火が煙突内部から外に漏れ出し、火事になることもあります。

煙突火災と薪ストーブの現状について詳しく書かれた記事がありましたので、そちらの記事も紹介しておきます。

是非、参考にしておいてください。

>>本当に怖い煙突火災の話し|誰も言わなかった薪ストーブの話2

>>昨年暮薪ストーブによる住宅火災が2件発生|森と家作りのブログ

次のページでは、薪ストーブで煙突火災を防ぐための5つのポイントについてお話していきます。

スポンサーリンク

2ページ目(全4ページ中)
スポンサーリンク