DIYロケットストーブを室内に設置する具体的な方法

ロケットストーブを室内に設置している時の早送り動画

まずはじめに、実際にロケットストーブ本体を室内に取り付けている様子を64倍速で編集した動画をご覧ください。

この動画を見れば、ざっくりとしたイメージを掴んでもらえると思います。

【動画編集中】

いかがでしたでしょうか?

この動画を見ていただければ、なんとなくロケットストーブを室内に設置していく全体的な手順がわかっていただけたと思います。

続いては、ロケットストーブの設置のコツやポイントについて詳しく説明していきます。

【STEP1】ロケットストーブ本体を室内に移動

室内へロケットストーブ本体を移動

まずはじめに、室外で燃焼テストを終えたロケットストーブ本体を室内に移動させます。

キャスターを使って移動させるのですが、これが相当重い(汗)

たぶん50kgぐらいはあるんじゃないでしょうか?

一人では作業できないので、誰かに手伝ってもらいながらやったほうが安全です。

また、今回は段差の小さなルートで移動させましたが、もし大きな段差がある場合は力自慢の人に手伝ってもらったほうがいいでしょう。

ちなみに、ロケットストーブ本体の下には御影石の板(コンクリート板などでも可)を敷き、更に小さなコンクリートブロック(高さ50mmぐらい)で本体と御影石の間に隙間を持たせるようにしています。

ロケットストーブの本体の下にコンクリートブロックと御影石

だいたい、ロケットストーブ本体のU字溝は燃焼が安定してくると、燃焼室周り(下段U字溝の前半分)の外表面温度が100~120℃ぐらいにまで上がりますが、このように本体と御影石の間に隙間を持たせることで、御影石の温度を約45℃程度に抑えることが出来ます。

ロケットストーブ本体と壁との距離を離す

ロケットストーブの後方も同じように、壁との隙間を開けておきます。

垂直部のU字溝の燃焼時の温度は70~80℃とそれほど熱くなっていないのですが、本体直後煙突部では150℃程度にまで温度が上がり、その時の壁面温度は約40℃です。

法律上、煙突と壁との距離は150mm以上の隙間を確保する決まりになっているため、その隙間を確保して設置するようにしてください。

薪ストーブ設置に関する法律の参考資料はこちら。

>>薪ストーブの関連法令とは? |オフセット・クレジット(J-VER)制度

>>住宅における薪ストーブ等設置に関するチェックリスト|石川県能美市HP

ただし、壁面温度が低いことがわかっていても、壁材の低温炭化による火災が少しでも気になるようでしたら、必ず炉壁を取り付けるようにしてください。

低温炭化や炉壁に関する情報は、こちらのサイトなどを参考にすると良いでしょう。

>>低温炭化を防ぐ|星ヶ見悠遊倶楽部

>>低温発火とは|消防庁消防大学校消防研究センターについて

「心配に思う」=「発生する可能性が高い」と考え、コストよりも安全面を重視してください。

【STEP2】壁出し穴を空ける

ロケットストーブの煙突の壁出し位置を決定

続いて、ロケットストーブの煙突の壁出し位置を決めていきます。

煙突の壁出しで使用する金属プレート

薪ストーブの壁出しで使用する眼鏡石

煙突の壁出しには、このような中央に穴の開いた金属プレートとその内部には眼鏡石を設置するのですが、その寸法は約30cm程度。

適当に角穴を空けはじめると、壁の中から間柱が出てきた・・・なんてことになりかねないので、間柱探しで間柱のない場所をあらかじめ調べておきましょうね。

下地探しで間柱を探す

壁出し穴の位置が決まれば、ドリルやノコギリなどを使って壁に穴を空けていきましょう。

ロケットストーブを壁出しするために室内側から穴を空ける

ロケットストーブを壁出しするために室外側から穴を空ける

ロケットストーブの設置の作業の中で一番大変だったのがこの壁の穴あけ。

途中で心が折れそうになりますが、一息入れながらゆったりと作業を進めましょう。

ロケットストーブを壁出しするための穴が開きました

続いては、壁出し穴の処理と煙突の設置についてお話していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 2 / 3ページ中

スポンサーリンク