自作薪ストーブは耐久性に難有・・・燃焼室を改良することで実用化に成功

燃焼室のまわりを耐火モルタルとパーライトの混合物で固める

これまでの実験で、ステンレス煙突を出来るだけ長く使うという考え方をしてきたのですが、この調子だとそのやり方ではうまくいかなさそうだということが分かってきました。

なので、今回はステンレス煙突が錆びてボロボロになって、たとえ穴が開いてしまったとしてもロケットストーブを使い続けられる構造にするという方針で改良する事にしました。

そこで思いついたのが、耐火モルタルを燃焼室とU字溝の周りに流し込んで、燃焼室を固めてしまうという方法。

この方法なら、燃焼室のステンレス煙突が錆びてボロボロになってしまっても、耐火モルタルが壁の役割を果たすので、ロケットストーブの燃焼を妨げることがありません。

ただ、耐火モルタルだけで燃焼室のまわりを埋めようとすると、相当な量を必要とするので費用がかかります。

それに、耐火モルタルが加熱され、膨張した時に、その膨張率の違いから耐火モルタルの周りのU字溝を割ってしまう可能性もあります。

そこで今回は、耐火モルタルに断熱材として活用していたパーライトを混ぜて施工することにしました。

パーライトは安いですし、もろい物質なのでU字溝にかかる力を軽減しつつ、燃焼室の断熱性能を高めてくれます。

燃焼室のまわりを耐火モルタルで覆って耐久性を向上

燃焼室の周りは、U字溝一杯まで耐火モルタル&パーライトを流し込みました。

ロケットストーブのヒートライザーは耐火モルタル&パーライトで断熱

ヒートライザー部も同様に、耐火モルタル&パーライトを充填しました。

1日乾燥させて燃焼室に火を入れてみたところ、以前にも増して安定した燃焼が可能になっています。

恐らく、パーライトの断熱効果に加えて、耐火モルタルの蓄熱効果も加わったため、燃焼効率が向上したのでしょう。

改良を加えてから2週間ほど運用していますが、燃焼も安定していますし、U字溝の割れもなく、とても順調です。

【動画編集中】

続いては、この記事に寄せられた質問とその回答についてお話していきます。

スポンサーリンク

3ページ目(全4ページ中)


スポンサーリンク