DIYロケットストーブの室外燃焼テストまとめ

【テストその1】シンプルロケットストーブ着火編

【動画編集中】

一番初めに作った良く見かけるU字溝ロケットストーブでの室外燃焼テストの様子です。

これで着火がスムーズにできることがわかりました。

【テストその2】シンプルロケットストーブ安定燃焼編

【動画編集中】

前回の着火テストで少し気になっていたことがあります。

それはどれぐらいの間隔で薪や流木などを入れたり、動かしたりして燃焼を維持していかなければならないのかということ。

室内で暖房用として使うためには、一度点火したらしばらくの間、ロケットストーブの前から離れてもよいようにしなければなりませんよね。

なんとなく、薪と竹を組み合わせると比較的うまく燃焼できることも分かってきました。

でも、まだこの段階では、まだ5~10分おきに薪を触ったりしないと燃焼を維持する事ができていません。

実用品としてはまだまだですね・・・。

【テストその3】改良版ロケットストーブの着火・安定燃焼編

【動画編集中】

そこで、ロケットストーブを改良(燃焼室を1→2室、ヒートライザーを延長)して、再び燃焼テストをやってみました。

空気の流量が格段に増え、安定した燃焼を実現しています。

特に着目してもらいたいところが、動画の最後のほうにある弱火での運転です。

ロケットストーブでは、このような弱火運転がなかなかできにくいのですが、改良のおかげで空気流量が増え、このような小さな火でもしばらくの間、燃やし続けることができます。

また、左側の燃焼室(黒色)は50~60℃にもなるため、湿った長い流木を入れても徐々にそれが加熱乾燥して行き、うまく燃焼させる事が可能です。

この段階で室内での実用化の目処がたったので、室内に組み込んで行きたいと思います。

続いては、燃焼テスト4~6についてお話していきます。

スポンサーリンク

2ページ目(全3ページ中)


スポンサーリンク