薪ストーブの煙突火災を防ぐための5つのポイント

ロケットストーブが煙突火災になりにくい理由

ここまでは煙突火災について詳しくお話してきました。

ただ、このサイトで紹介しているロケットストーブは、この煙突火災とはほとんど無縁の存在です。

なぜか?

ロケットストーブは燃焼室が小さく、給排気も強力に行われるため、燃焼室に入った薪は内部で完全に高温燃焼してしまい、そもそも未燃焼ガスが発生しにくいから。

未燃焼ガスが発生しにくいのだから、煙突内部に可燃ガスが濃縮する事もありませんし、燃えるものがなければ煙突火災にもなりません。

この事実は、ロケットストーブを実際に使ってみたことがある人ならよく分かると思います。

ロケットストーブは、一度火をつけたら薪が燃え尽きるまで勢いよく薪を燃やしていきます。

逆に、何らかの理由で炎が消えてしまったら、一気に燃焼室の温度が下がってしまい、薪を蒸し焼きにするなんて事はロケットストーブの場合は、逆にやろうとしても出来ません。

「ガンガン燃えている」か、「全く燃えていない」がはっきりしているロケットストーブだからこそ、熱容量の大きな薪ストーブのような薪を蒸し焼きにして、未燃焼ガスを発生させるという状況が生まれないのです。

実際に、ロケットストーブの煙突に溜まった煤(すす)を取り出して、ガスバーナーであぶって燃えるかどうか検証した時の様子がこちら。

【動画編集中】

この動画を見てもらうと分かるように、どれだけ煤をガスバーナーであぶっても、煤に火が移って燃え出す様子は見られません。

煙突の中に燃えるものがあれば煙突火災になる可能性は高まりますが、このように煙突の中に溜まった煤が燃えなければ煙突火災になることはありません。

ただし、湿った薪を多用したり、断熱していない燃焼室を使っていたりして燃焼室内の燃焼温度が下がった状態でロケットストーブを多用していると、未燃焼ガスが発生する場合があります。

「ロケットストーブだから煙突火災が発生しない」と言うよりは、「高温燃焼だから燃焼ガスも燃えてしまい、煙突内に可燃物が残らないため、煙突火災が発生しない」、または「ある一定期間ロケットストーブを運用した結果、煙突内部にタール状の可燃性の物質が溜まっていなかったので、煙突火災が発生する確立は極めて低い。」、「定期的に煙突掃除を行っているので、可燃性物質が煙突内部に溜まっていないので、煙突火災は起こらない。」というような表現で覚えておくとよいでしょう。

最後に一言

薪ストーブのデメリットだった煙突火災を防ぐ5つのポイントについてお話しました。

鋳物の薪ストーブは、本体価格以上に煙突火災を防ぐための断熱煙突や複雑な本体のメンテナンスに費用がかかったりする傾向にあります。

だからこそ薪ストーブメーカーや販売店は儲かるわけなのですが、使いづらい鋳物の薪ストーブではなく、ロケットストーブを使えば、煙突火災に関するデメリットを解消する事が出来ます。

しかも、そのロケットストーブは安くて簡単に自作できてしまいます。

ぜひ皆さんも一度検討してみてはいかがでしょうか?

それでは!

スポンサーリンク

3ページ目(全3ページ中)

スポンサーリンク